古いルイヴィトンレザーバッグの修理および染色
井上 / 2019-03-06

歳月の跡がにじみ出る古いルイヴィトンのバッグの修理および染色です。10年?20年ほどになったのですね
古い本物のバッグは、装飾にとんでもない。
金工はそう長く行くニーヨ。
要塞出るブランド服コピー通販のバッグよりも装飾が耐久性が良いと思います。
10年以上されたルイヴィトンレザーバッグです。歳月の跡がついてます。
それでも金の飾りはキラキラ良好です。
作業が二つ行われました。
最初の装飾に後ろのネジを紛失して、この部分のネジで固定する作業と
革のスクラッチカジムが相当ですよね。
染色して使用感を減らす作業が行われます。
革染色復元でしょう。
革の杯スクラッチカジム色あせが相当します。
革が、それでも多くの使用をしないいただきせいか復元できました。
それでもブランド品は逸品です。

10年、20年を書くことがいるからです。手を見てくれれば レザー部分は染色をして色を見つけるの復元をします。
ジン茶色に元の色を見つける作業よ ネジを交換してくれる修理作業が進行なりません。
修理しておけば、また末永くスシルことです。おそらく台を譲ってもらえるかも。
染色復元および修理作業完了ルイヴィトンのバッグです。
装飾素敵です。
金工がキラキラ〜 後ろのネジ挟んで固定差し上げたんです。
丈夫に修理された。
革は染色を通じて色を生かしました。
光沢も戻っ生かしウンウンヒ光やね。
革はこのように、10年を超えても染色して復元すると、すっきりとした感じがします。
ルイヴィトンスーパーコピー耐久性が良いでしょう。
革カジムやスクラッチ傷などは染色をすると上の操作をご覧よう隠れてないですよね。
そのため、古いアンティークのようなレザーバッグも復元をして再利用をされる方が多いです。
お母様がスシドンこと娘もいただいて。
おばあちゃんがスシドンこと孫娘の方にも受け継がてもハシジヨ お母様とおばあちゃんがスシドン意味があるケースになるでしょう。

ユーザーコメント(共0個コメント)

  • コメントはしばらくしていません
合計 0 個記録する,共 1 ページ。 第1ページ 前ページ 次ページ 最後
ユーザID: 匿名ユーザー
メール:
LEVEL: stars1 stars2 stars3 stars4 stars5
CONTENT:
logo
RECENT
right_arr
up_arr
down_arr
ご利用について
ご利用について
ご利用規約
プライバシーポリシー
ABOUT
会社案内
その他
個人情報取扱方針
管理責任者及び担当者の連絡先
郵便番号検索
携帯版
logo
sitemaps