ラグジュアリーランドリールイヴィトンレザーバッグ化粧品の汚れの洗濯
井上 / 2019-03-05

今日はルイヴィトンヌバックレザーのスキン汚れ洗濯について見てみましょますよ。
女性の方の化粧品を使用している革のバッグに流れてムラが生じる場合が多くありますが。
私たちは、このようなもの一概に「事故」と表現をね。
革の水分汚れ、特にヌバックやスエードのように特殊加工され革のでは、このような水分の汚れが生じる確率がさらに大きなよ。
化粧品スキンやローションなどが一滴だけ飛び出しも汚れ生じます。
消去しようとしウェットティッシュのようなものでこすった2次事故につながる場合も多くあって。
今回ブランドコピーのバッグは素材が普通の革ではなく、特殊加工されたヌバックのような革でした。
ルイヴィトンレザーバッグランドリー前
一般キャビアレザーではなく、特殊加工されルイヴィトンレザーバッグです。
汚れが生じる素材と言わドゥリョトジョ?
特に水分による汚れあり。そして、移染汚れもよく起こります。

バッグの前面には、スキン汚れが付着している状態です〜
バッグ背面には、衣服からの移染汚れテタムなどが目立つね。
革の種類や状態、様々なものを考慮した時の染色は完全絶対照らしています。
最後の手段ですね。洗濯で解決をしなければならバッグの固有の色味と質感等が維持されて完成度がお勧めです。
洗濯後は本当にきれいになったルイヴィトンスーパーコピーのバッグです!
前面背面汚れの両方の洗濯になりました。
このような特殊加工されたレザーは、洗濯が本当に難しくた。だから、洗濯が可能な専門店もほとんどないでしょう。
方法がないから普通染色に誘導をするんです!このような特殊な革で染色より洗濯に解決が可能な場合
洗濯で汚れ除去をすること多方面勧めします。私たちのトップクリーンブログ事例を見れば分かることができますか!
ルイヴィトンのカテゴリーに、このようなヌバック特殊な革の洗濯事例が多くいるからです〜参照してください。

ユーザーコメント(共0個コメント)

  • コメントはしばらくしていません
合計 0 個記録する,共 1 ページ。 第1ページ 前ページ 次ページ 最後
ユーザID: 匿名ユーザー
メール:
LEVEL: stars1 stars2 stars3 stars4 stars5
CONTENT:
logo
RECENT
right_arr
up_arr
down_arr
ご利用について
ご利用について
ご利用規約
プライバシーポリシー
ABOUT
会社案内
その他
個人情報取扱方針
管理責任者及び担当者の連絡先
郵便番号検索
携帯版
logo
sitemaps