バーバリー偽物Tシャツのカラーリング剤の染み抜き
井上 / 2022-05-06

ビョルネのシミ抜き博士です。ブランド品の洗濯がお悩みですかしみがついてよく落ちないですか。
今日はバーバリーコピー名品Tシャツを作業してみます。
BURBERRY偽物Tシャツのカラーリング剤の染み抜き作業です。
お客様が美容室でヘアカラーをしていたのでやめました。

染毛剤がバーバリー偽物Tシャツに付いています。BURBERRYコピーTシャツに染毛剤の染みがついたのを除去しようとして
思わぬ問題が発生しましたなので、しみ抜き博士のお店に来てくださって
今から作業を始めたいと思います。作業前の写真を見る前の夫婦の左側の胸の部分に染毛剤が一部付いています。
また全てを見たとき生活染みが見える状態です。
一番最初に解決しなければならない後ろ姿です。
カラーリング剤を除去するためにカラーリング剤の除去もお使いになったし、 色を消すためにラックスも使用しています。
衣類の繊維は綿です。
カラーリング剤は汚れの中でも手がかかる作業です。
バーバリースーパーコピーTシャツは幸い白地なので良好な方だけど
有色の場合は染料の脱落現象を考慮しなければならない場合があり、 相当の主義を要する作業です。
バーバリー偽物Tシャツのカラーリング剤の染みを除去する
まず、フロントのカラーリング剤の染みは、スパッティングで
油性汚れ除去と漂白作業過程を通り過ぎて除去しました。
幸い、前の部分の汚れは最初の状態のままで 後ろの部分よりは処理する過程が良好でした。
2番目に、今日のハイライトは後ろの部分の変色です。
お客様がカラーリング剤の染み抜き剤とラックスをご使用の過程で、
染色薬色素を除去しましたが、 使用した薬品により綿繊維が変色したものです。
漂白過程を通じて除去したが、 このような場合は、時間の間隔を置いて作業することが重要です。
BURBERRYコピーTシャツのカラーリング剤の染み抜きを完成させた写真を見てみましょう。
作業後の全ての姿です。

前方のシミの部分を拡大してみてもきれいに除去されていることが確認できます。
後ろの部分の変色部分も漂白して本来の状態に近く復元しました。
強い薬品によって変色したもので、徐々に作業を進めなければならないため、 時間と努力がたくさんかかった作業でした。
これでブランド服コピーTシャツの染毛剤の染み抜きを終わります。

ユーザーコメント(共0個コメント)

  • コメントはしばらくしていません
合計 0 個記録する,共 1 ページ。 第1ページ 前ページ 次ページ 最後
ユーザID: 匿名ユーザー
メール:
LEVEL: stars1 stars2 stars3 stars4 stars5
CONTENT:
logo
RECENT
right_arr
up_arr
down_arr
ご利用について
ご利用について
ご利用規約
プライバシーポリシー
ABOUT
会社案内
その他
個人情報取扱方針
管理責任者及び担当者の連絡先
郵便番号検索
携帯版
logo
sitemaps