いらっしゃいませ! 会員ログイン 会員加入/非会員注文の照会 EMS追跡
NEW SALE 100 ブランド情報 ブランド一覧 STREET TOP BOTTOM OUTER SHOES BAG ACC LADY'S
シュプリーム モンクレール ジバンシイ クロムハーツ シャネル サンローラン コムデギャルソン オフホワイト バルマン ニールバレット トムブラウン モスキーノ ケンゾー セリーヌ マルセロバーロン ロエベ フェンディ ドルガバ アレキサンダーマックイーン ヴァレンティノ アレキサンダーワン ステューシー ディースクエアード ゴールデングース ルイヴィトン グッチ エルメス プラダ ボッテガヴェネタ クリスチャンルブタン ロレックス ウブロ パネライ カルティエ ブルガリ ディオール アベイシング エイプ マスターマインド アディダス HERON PRESTON ヴィーローン PALACE フィリッププ カナダグース アミリ バレンシアガ フェラガモ バーバリー ヴェルサーチ トムフォード UNDERCOVER MM6 ヴェトモン リックオウエンス フィアオブゴッド FOURTWOFOUR 424 ワイスリー イーザス アスクユアセルフ ナイキ
ストリートプレミアム
半袖Tシャツ シャツ HOOD TEE カーディガン SET-UP ロンT スウェットTEE ニット・セーター タンクトップ
デニムパンツ スウェットパンツ チノパンツ ショート・ハーフパンツ
ジャンパー ZIP-UP ミリタリージャケット コート HOOD パーカー テーラードジャケット ダウン・中綿 Gジャン
ローファー・靴 スリッポン ブーツ スニーカー サンダル
ショルダーバッグ トートバック ハンドバッグ ECOバック リュック ボディバック
帽子 時計 ベルト メンズジュエリー 手袋 財布 メガネ・ サングラス ブレスレット ストール・マフラー その他
アクセサリー バッグ 財布 衣類 シューズ、靴 レディース時計
男性の2022年秋冬の16大トレンド
井上 / 2022-11-08


控えめなセーターベストから小さなネックバッグまで、GQは今シーズン着用すべき2021年秋冬の最大のトレンドをすべて選択します


皆さん、またその時期ですね。今シーズンの服は、半年前にファッション界の新しくデジタル化された滑走路を歩いていきましたが、今、私たちは間違いなくスタイリッシュな友人のように、あなたを案内します。お店に出たら着るべきもの

控えめに言っても奇妙な年でしたし、デザイナーが見せる服に直接的な影響を与えた状況でした。次にお客様が購入している作品です結果は?プラダ、フェンディ、ゼニアなどのブランドや、これまで以上に興味をそそられるコレクションに新たに注目しています

しかし、この冬に何が起こっても、これ以上のロックダウンがないことを祈っているという真実が残っています。今)、あなたが永遠に着たいと思うような美しく作られた服を買うこと(私たちはあなたを見ています、プラダのニットジャカードのロングジョンズ)は、常にあなたがかなり気分が良くなるでしょう。

 

1.レッドアラート


左からカサブランカ、イザベル・マラン、ERL、カナリ、アリックス、ルイ・ヴィトン、ウヨンミ、エチュード、ジル・サンダー、ウェールズ・ボナー、エルメネジルド・ゼニア
ロンドン、パリ、ミラノの滑走路では、以前から赤の閃光が飛び散っていたが、AW 21ではその傾向が完全に傾いている。おそらく、ノートパソコンの画面でシーズンのショーを見ているときに、デザイナーが私たちの注意を引こうと必死になったからかもしれませんし、私たち全員が参加しているからかもしれません。色が必要だいずれにしても、この冬は、スカーレット、バーミリオン、チェリーの色合いで仕立てのスプラッシュを作ることです。見た目を正しくするための鍵は、1つの明るいアイテムを選び、他のすべてを中立に保つことです。アリックスのデザイナー、マシュー・ウィリアムズは郵便ポストの赤いボンバージャケットを、ルイ・ヴィトンとERLでは衝撃的な赤いコートを、ジル・サンダーとカサブランカではコーラルレッドのテーラリングを披露しました。ということでした

 

2.スカートとチュニックとキルト、オーマイ!


左からドリース・ヴァン・ノーテン、オム・プリセ・イッセイ・ミヤケ、ルイ・ヴィトン、JWアンダーソン、ウェールズ・ボナー
今シーズン、世界で最も著名なメンズウェアデザイナーが、スカート、キルト、チュニック、チューブラータバードをAW 21コレクションの中心に据えました。ルイ・ヴィトンでは、バージル・アブローがズボンの上にAラインのキルトスカートを履いた一連のモデルを送り出し、JWアンダーソンでは、男性用のプリーツフロックが特大のジョッパーズで裾をこすりました。。ドリース・ヴァン・ノーテンやウェールズ・ボナーでは、コラムチュニックのスタイルで特大のスモックシャツを着用し、オム・プリッセ・イッセイ・ミヤケでは、ズボンを大きくカットした。マキシドレスの仕事

自分のスカート、キルト、チュニックを着用する場合は、膝のすぐ下にあるものを選ぶことをお勧めします。また、冬であることを考えると、ウール、カシミア、ツイードからカットしたスタイルを選ぶのが一番でしょう。結局のところ、そこでは少しさわやかになりがちです。

 

3.編み物のポロ・ア・ゴーゴー

 

今シーズン、クラシックなポプリンシャツを見せることを選んだデザイナーはほとんどいませんでした。もうすぐです。解決策は、多くの大手ブランドが示したように、スポンジ編みのポロシャツの形でもたらされました。クラシックなシャツに必要な要素(ポイントカラー、プラケット、ボタン)をすべて備えており、シワのない不快感はありません。ジル・サンダーとプラダでは色合いがあり、フェンディとエルメスではより柔らかく明るい構造になっている。

 

4.デイスパシックの台頭


賢いデザイナーの中には、今シーズン、以前の集団生活や在宅勤務の状況に完全に傾倒することを選んだ人もいることは、おそらく驚くことではないでしょう。ラップアラウンドを強調することは伝統的なテーラードアイテムを取り入れていますエルメネジルド・ゼニアでは、クリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・サルトリが、柔らかい編み物で裏地をカットしたベルト付きのコートやブレザーを見せながら、ドレスガウンの優雅さにコレクション全体を捧げました。フェンディではシルビア・ベンチュリーニ・フェンディがキルティング素材でカットしたドレスガウン風のコートを披露し、ルイ・ヴィトンではアブローがランウェイに着ている実際のドレスガウンのようなものを披露した。コーヒーとLVブランドの新聞を持ったモデルによって。私たちの王国のスパの週末。

 

5.ポッシュウェリーがポッシャーになった

 

クラシックなウェリントンブーツの高価なテイクは、2020年秋冬のビッグニュースであり、今シーズンもスプラッシュで戻ってきます。Tod'sでは、初期のクリエイティブディレクターであるWalter Chiapponiが、アン王女がガットコムパークを踏み鳴らして楽しむような、クラシックなガムブーツの文字通りのテイクを披露しました。他の場所、特にジル・サンダーとディオールでは、前者はレースアップスタイル、ミリタリースリムのシャフトで仕上げたブーツなど、全体的に洗練された外観でした。前者この新しいウェリントンブーツを履くための鍵は、シルエットを下がスリムに、上がボリュームのあるものに保つことです。つまり、ズボンを押し込んでオーバーコート部門に出かけるということです。。。

 

6.トレンチコートの返還

 

もちろん、トレンチコートは目新しいものではありません。実際、2021年春夏のコレクションでは、クラシックなアウターの形にスープアップされたテイクが急増しました。しかし、2021年の秋冬は、基本に立ち返ることです。古典的なギャバジンからカットされたボリュームのあるレインコートに、ジャジーなプリントが並び、必要なフラップとバックルがすべて揃ったものを考えてみてください。今シーズンの最高の塹壕はルイ・ヴィトンで見ることができ、バージル・アブローは特大サイズのドリース・ヴァン・ノーテンとフェンディを披露した。疑問がある場合は、バーバリーに行って終わらせてください。

 

7.1990年代には、セーターのベストを取り戻したいと言われています

 

後半シーズンのロス・フロム・フレンズ、ウォレス&グルミットの有名なウォレス、戦時中の不格好な魅力を持つニットセーターベスト(1918年のインフルエンザのパンデミックの頃のロックダウンシックを考えてみてください)2021年秋冬の大ニュースですエルメスとウェールズ・ボナーで対照的なセーターやポロシャツを着たフェアアイル風のおしゃれな作品から、A-Cold-Wall*でのよりモダンなテイク、ジル・サンダー、プラダ(私たちの意見では、最高のものを見つけることができます)、来年の冬に自分のセーターベストを着ることになったら、私たちのアドバイスは、おじいちゃんの雰囲気今と同じように家に閉じこもる可能性があるから

 

8.スーツですが、ご存知の通りではありません

 

ほとんどのデザイナーは今シーズンのクラシックな仕立てを先取りしていましたが(ソファで作業するときにダブルブレストのワークスーツは必要ありません)、多くのデザイナーはツーピースの1つの形を見せることにしました。または、ロックダウン生活に適した別のもの。非スーツに入ってください。テーラリングファブリックからカットされた上下のマッチングによって定義され、制限のあるパッド、キャンバス、伝統的なラペルはありません(実際、多くの人には毛沢東主義の魅力がありました。最高のものは、プラダとポール・スミスのシャークスキンからカットされたもの、ジル・サンダーのスポンジ状の両面ウール、そしてもちろん、美味しくプリーツをつけたポリブレンドで見つけることができました。誰よりもずっと前にノンスーツをマスターしたブランド、Homme PlisséIssey Miyakeで。

 

9.タフな革

 

ハードな世界ではハードなアウターが必要です。そのため、大手メンズウェアデザイナーの大多数は、今シーズン最もタイトに仕立てられたオーバーコートを頑丈なレザーからカットすることにしました。。GMBHやロエベでの特大オプションから、カサブランカやポール・スミスでの1970年代風のスタイルまで、プラダでは必要な声明ボタンを備えたおいしい漆塗りの数字を忘れることはありません。-来シーズン、革をつけていなければ入ってこない(動物の皮があれば、未明まで体を温めてくれるので、本当にいいですね。)。

 

10.市内のサロペット

 

去年の春、多くの人がスキーに行ったとは思えませんが(次の春には指を交差させました)、だからといって、ゲレンデにいるような格好ができないわけではありません。特に、ズームの上でちょっとした偽物のアプレを楽しんでいるなら、このロックダウン-バーチャルフォンデュパーティー、誰かいませんか?超寒さを考慮して特別にデザインされた、新しい種類のウルトラパッド、ダウンフィルのワーカーパンツをご覧ください。最高のショーは、フェンディ、ドリース・ヴァン・ノーテン、ERLで見つけることができます。

 

1 1.パーティーパジャマ

 

いくつかの賢いブランドが、2021年秋冬に人民共和国風のノンスーツを導入したように、より正式なZoomミーティングの準備ができています。他のブランドはセクシーな色合いとセクシーな生地で謙虚なパジャマを再考しましたディオールでは、モヘアのパイプ付きミリタリースーツが寝間着のような魅力を持っていましたが、A-Cold-Wall*、ERL、プラダでは、ワンジーとロングジョンの2ピースを編んでいました。ロックダウンが終わるまで追い詰めるような

 

12.小さな男のバッグ

 

確かに、巨大なスーツケースやトレンディなブリーフケースは、世界が営業していた頃は素晴らしかったのですが、最近では、1週間で最もエキサイティングな旅行が地元の角の店では、基本的な必需品だけを運ぶための実用的なアクセサリーがはるかに必要です。これは、世界のメンズウェアデザイナーがAW 21で注目している点であり、ほとんどのブランドは、首に小さなバッグを装着して飾られた少なくとも1つまたは2つのモデルを送り出しています。体全体に広がっていますOAMCやウーヨンミのクロスボディピルボックスから、イタリアのブランドであるエトロやフェンディのネックレスのような携帯電話会社まで、完璧な新機能のライフギアです。必要不可欠な電子機器だけでなくフェイスマスクやハンドサニタイザーも

 

13.ロールネック。冬に。画期的

 

確かに、ロールネックは目新しいものではありませんが、2021年秋冬は、衣服そのものではなく、どのように着るかが重要です。見た目を正しくするための鍵は、ジル・サンダーで実演されたように、トーンのあるニットシャツの下に分厚いタートルネックを着用し、対照的に接着されたオーバーコートを着用することです。プラダでは、分厚いポロシャツやジャカードのボディストッキングの下にニュートラルなロールネックを着用し、韓国のレーベルでは、ずんぐりしたファインゲージのファンネルネックセーターを着用しています。ツルニチニチソウとプラムのオーバーコートとジャケットを着ていました

 

1 4.声明セーターFTW

 

私たちは皆、ダギーなスウェットシャツとゆったりとしたジャンパーを着ていましたが、おそらく去年の冬よりも規則性がありました。その衣服に新しい明るさ、大胆さ、楽しさを吹き込むことで、失われた時間を埋め合わせる必要があるという状況でした。私たちの精神(そして重要なことに、私たちの周りの人々の精神)を維持するために。新しい種類の声明セーターを紹介します。エルメスのカシミアセーターに描かれたマティス風の原色プリントから、ディオールのピーター・ドイグのプリントが描かれたモヘアのクルーネックまで、選択肢は豊富で、ムードも抜群です。明るいから寒さに取り残されないように

 

15.コールドアウト、レッグアウト

 

通常、サマーコレクションの保存と、サマーコレクションのみで、冬の生地でカットされたバミューダスタイルのショーツの幅広い配列が、AW 21滑走路にサプライズで登場しました。サンダルやタンと一緒に履くようにはデザインされていませんが、前述のショーツの多くはプラス4の雰囲気があり、1日の外出に備えているように見えました。海岸での一日のようにストーカー行為をしていましたフェンディのリッチなレザーショーツから、女王が特に派手に感じたらバルモラルに着ているかもしれないもの、ドリーズのグレーのカシミアハウスショーツまで。ヴァン・ノーテン、来年の冬は足を出すことですが、そうですが、そうしている間は残りの部分を暖かく保つことです。1990年代のラグビーのお父さんが傍観していると思うかもしれません。

 

16.ヴェルターのオリジナルのような服装

 

過去数シーズン、世界のメンズウェア・ランウェイを回ってきた1970年代風のムードに触発されたものもあれば、昔ながらの菓子店に影響を受けたものもあります。お気に入りのAW 21滑走路の最高のルックスの多くは、頭からつま先までのキャラメルの色合いが染み込んでいます。このトレンドの注目すべき点は、Tod'sのWalter Chiapponiが披露したハニカムカラーのコーデュロイワーカースーツです。これは、セプトゥアゲナリアン風の美しさです。

職場の男性の生活には、忠実なパートナー、つまりシャツが欠かせません。用途の広いシャツは、面接でも、毎日の通勤でも、ロマンチックなデートでも、さまざまな機会に出入りするための魔法の武器です。シャツは非常に気質的なマッチングなので、あまり考えなくてもファッションの味を味わうことができます。ブランド服コピーメンズウェア今号では、秋の新しいシャツを紹介します。シャツの時代を超えた魅力を解き放ち、常にスタイリッシュなクラシックでシンプルなスタイルを書きましょう。

洗濯機で洗うことができるディースクエアードスーパーコピーシャツは、洗濯機でしおれた「漬け物乾燥」になりにくく、手洗いの面倒に別れを告げ、急いでいる都市生活を大いに便利にした。天然の肌にやさしい生地で、上半身は快適で繊細で、落ち着いて働きやすく、自信を持って快適な職場の新しいイメージを作り出します。
ノンホット素材は古くからあり、常にスタイリッシュで、上半身はすぐに気まぐれでシックな気質を示し、あらゆる機会に滞在することができます。秋と冬のために特別に設計された密度の高い生地は、冷たい風の中でも温度と態度を簡単に保つことができます。


クラシックなブルーグレーのシャツは、職場や生活を落ち着いて行き来し、カジュアルで怠惰なものを避け、個性を適切に反映し、服にポイントを追加し、強さに頼ってみんなの前で良い印象を残します。
多くの男子が服装を重視し始めたことを発見したが、初心者の直男にとって、服装のコーディネートは本当に大きな問題で、うっかりすると他人の目に「嫌いな服装」になり、出かける前にコーディネートに多くの時間を費やした女子より、男性は気楽で実用的な単品が好きだ。
考えなくても、シンプルな黒のシャツ、DSQUARED2コピークラシックな無敗の黒に違いありません。怠惰な人々が外出するための聖なる製品です。黒のトップがあれば、下半身は調和していません。
スタイリングはクールなルールに限定する必要はありません。パンツでスタイルを切り替えると、すっきりとしていてマンです。シンプルなベジタリアンシャツには、男性の神の絞りが本当に付いています。

純粋なシャツがあなたを満足させることができない場合は、少しストリートスタイルの人々のお気に入りのスローガンパターンのプリントシャツを手に入れてください。これは、情熱的な夏に着用するのに適しています。
大きな模様は本当に良い形を作る魅力的な要素で、胸の小さな刺繍に惑わされないで、後ろの風景線はもっと輝いている。
バージョンは少しスリムな効果があり、良い体型を持っているので、一枚始めて後悔することはない。マッチョでも心の中に小さな可愛さが隠されている。これはマッチョが持っているべきディースクエアードコピーシャツだ。

logo
RECENT
right_arr
up_arr
down_arr

自社製のブランド服は他所の工場より品質が優れていつも好評を頂いています。弊店の服、スニーカー、バック、ジュエリー等コピー商品は全部高品質保証です。