いらっしゃいませ! 会員ログイン 会員加入/非会員注文の照会 EMS追跡
NEW SALE 100 ブランド情報 ブランド一覧 STREET TOP BOTTOM OUTER SHOES BAG ACC LADY'S
シュプリーム モンクレール ジバンシイ クロムハーツ シャネル サンローラン コムデギャルソン オフホワイト バルマン ニールバレット トムブラウン モスキーノ ケンゾー セリーヌ マルセロバーロン ロエベ フェンディ ドルガバ アレキサンダーマックイーン ヴァレンティノ アレキサンダーワン ステューシー ディースクエアード ゴールデングース ルイヴィトン グッチ エルメス プラダ ボッテガヴェネタ クリスチャンルブタン ロレックス ウブロ パネライ カルティエ ブルガリ ディオール アベイシング エイプ マスターマインド アディダス HERON PRESTON ヴィーローン PALACE フィリッププ カナダグース アミリ バレンシアガ フェラガモ バーバリー ヴェルサーチ トムフォード JIL SANDER MM6 ヴェトモン リックオウエンス フィアオブゴッド FOURTWOFOUR 424 ワイスリー イーザス アスクユアセルフ ナイキ
ストリートプレミアム
半袖Tシャツ シャツ HOOD TEE カーディガン SET-UP ロンT スウェットTEE ニット・セーター タンクトップ
デニムパンツ スウェットパンツ チノパンツ ショート・ハーフパンツ
ジャンパー ZIP-UP ミリタリージャケット コート HOOD パーカー テーラードジャケット ダウン・中綿 Gジャン
ローファー・靴 スリッポン ブーツ スニーカー サンダル
ショルダーバッグ トートバック ハンドバッグ ECOバック リュック ボディバック
帽子 時計 ベルト メンズジュエリー 手袋 財布 メガネ・ サングラス ブレスレット ストール・マフラー その他
アクセサリー バッグ 財布 衣類 シューズ、靴 レディース時計
Ralph LaurenのデニムシャツからBrioniのLuxe Tuxesまで:メンズウェアのベスト
井上 / 2022-09-08

サンローラン コピー ジャケットアウター

それが最高の時か最悪の時かは議論の余地があります。確かなことは、物事が現在多くのレベルで混乱していることです。昨年は、パンデミックの適合と開始のテンポに設定されました:お祝いの再出現に続いて慎重な後退、冷静な現実のチェックで和らげられた有望なニュース。私たちの多くにとって、この2つのステップは私たちの服装にまで及び、私たちのワードローブはWFHカジュアルとバックアットイットポリッシュの間で切り替えられます。1週間だ

ファッションでは、そのすべてのトプシー・タービーさは、2つの対照的な学校、つまり本質的には、コロナウイルス後の生活が待ち受けているものの二重のビジョンに大きく現れています。数年遅れて轟音を上げる2020年代を開始する準備ができて、私たちは揺れて戻ってきますか?それとも、抑制と特定の深刻さを選択して、過剰をダイヤルバックする時ですか?滑走路から判断すると、両方のシナリオが可能です。

ミニマリズムとマキシマリズムの間の綱引きは目新しいものではありませんが、今年はその古くからの二分法がより大きなニュアンスを帯びてきました。大声ではなく、静かで、崇敬と不敬です。大動乱を荒野の側を歩く機会として捉え、伝統的なスタイルに破壊のフリソンを吹き込んだ人もいます(エドワード・セクストンの明らかに騒々しいスーツとブリオーニの安定した黒いタイへの贅沢な代わり)。ブルネロ・クチネリでさえ、そのコレクションは通常、色調ドレッシングのマスタークラスであり、彼の最新のデザインにはタンジェリンと消防車の赤の閃光がありました。それは微妙な声明かもしれませんが、それがポイントです。

他の人たちは、過去数年間支配してきたゆったりとした感性から回転して、メンズウェアの古典的な柱に戻って答えました。ジョン・ロブのホールカットのオックスフォードであれ、フィナモアのドレスシャツであれ、このキャンプは、ベルやホイッスルなしで細かく表現されたフォーマルな服の永続的な関連性と優雅さを主張しています。そのような控えめな表現は圧倒的に聞こえるかもしれませんが、シンプルさは印象的です。Ralph Laurenのほとんど単色の秋のラインナップを見てください。

この2つの展望は包括的なトレンドとして浮上しましたが、過去2年間でスタイル的に何かを教えてくれたとすれば、それは何でも行くということです。最近のオスカーのレッドカーペットを考えてみましょう-ペンギンのスーツはまだたくさんありました(これまでと同じくらいスマートに見えます)が、スパンコール、コンバットブーツ、そしてティモシー・シャラメの場合はシャツポイントは最終的にどちらかのレーンを選ぶ必要はないということです。今日の男性は、仕立て屋のスペクトルの両側で遊ぶという贅沢を持っています(そしてディオールの秋のコレクション、シャープな仕立てと贅沢なスウェットとビルケンシュトックを組み合わせることは、2つが1つのアンサンブルで共存できることの代表的な例です)。あなたが線の外に色を塗りたいか、実証済みの真実に切り込みたいか、または両方をしたいかどうかにかかわらず、2022年のスタイルは、最終的にはあなた自身の冒険を選ぶことです。


イブニングウェア:ブリオーニ

Brioniは目を引くディナージャケットで長い間知られていましたが、ブランドの最新コレクションは、暗くなった後の服装のためのより微妙に豪華な提案をしました。バークブラウンとパールグレーの色合いのサテンシャツとズボンに、クラシックな黒または白のタキシードジャケットを組み合わせ、後者を投げたような印象を与えました出かける前のPJ。ある例では、クリエイティブディレクターのNorbert Stumpflが、上質な白いシルクのフェイルからカットされたシャツとズボンを組み合わせたジャケットを完全に先取りしました。袖をまくってシャツを外したアンサンブルは、遠くから気取らないように見えました。素材の静かな退廃は、より親密な検査によってのみ明らかになりました。これらすべてのオプションが提供するのは、いつもの夜の基準に代わる簡単に洗練されたものです。


テーラリング:エドワード・セクストン

最近では、スーツを着ることは与えられたものではなく、個々のスタイルの問題です。そのため、スーツを着ることを選択するときは、個性のあるもの、つまりエドワード・セクストンが70年代から専門としてきたものである方が良いでしょう。「この遊びの感覚があります」と、セクストンのクリエイティブディレクターであるドミニク・セバッグ=モンテフィオーレは、過去1年間に受けたコミッションについて語っています。「企業の制服のシンボルとして死にかけているので、スーツは生まれ変わり、再考できるような気がします。スーツは死んでいます。スーツは長生きします。」

Sextonのシグネチャーである驚異的なラペルとフルカットのズボンは、構造化された英語の仕立てにセックスアピールのダッシュを与えます。そして、スペクトルの反対側では、ブランドは最近、これまでで最も柔らかいジャケットを発表しました。カーディガンのように着ているが、ブランドのドラマを保持している不思議なデザイン家のシルエットあなたが仕立ての形式を受け入れるか、それを軽く着たいかどうかにかかわらず、Sextonは完璧に両方を行います。これらは何かを言うスーツです。


ドレスシャツ: Finamore

素晴らしいドレスシャツは、ホイールを再発明する必要はありません。むしろ、それは多くの小さな、ほとんど知覚できない詳細の合計です-Finamoreがほぼ100年間夢中になっているもの。オーダーメイドであろうとオーダーメイドであろうと、すべてのシャツはナポリの本社で完全に手縫いされており、その過程で平均約16時間ポップします。ナポリの仕立て屋が最もよく知られている柔らかい肩のスーツのように、Finamoreの製品は、プリーツの最小のピックステッチのアームホールによって区別されます。あなたと動く特に快適な適合。同社は近年、カジュアルなドレスコードに対応するために、いくつかの非公式の洗濯と衣服染めの生地を導入していますが、Andrea Finamoreはブランドのスプレッドカラーのパンの注文を喜んで報告していますそしてバターは衰えていません:「私たちの焦点は常に最高の生地で作られたドレスシャツです。それが人々が我々に求めるものだ」。


バッグ:エルメス

エルメスのバッグコレクターには数人の男が含まれていることを考えると-ドレイクとフロイド・メイウェザー・ジュニアは2人の注目すべきファンです-彼らが彼らのバーキンを手に入れるのは時間の問題でした自分のおそらく女性のための究極のステータスアクセサリーですが、デザインは実際にはジェンダーレスのHautàCourroiesとして生まれました。彼女の腕にまた、このブランドは長年にわたって男性向けにHACバリエーションを提供してきましたが、秋のランウェイでデビューしたモデルは、私たちが持っているブリーフケースを捨てるための最も説得力のあるケースですまだ見られません。バイカージャケットにインスパイアされたデザインは、しなやかな黒いカーフスキンと実用的なポケット、少しパンクなハードウェア、そしてバルクアップされたプロポーションを組み合わせています。私たちは一般的に「それ」バージョンのものには警戒していますが、これはエルメスです。つまり、時代のスタイルフレックスです。


コレクション:ディオール2022年秋冬コレクション

ディオールの75歳の誕生日を記念して、メンズアーティスティックディレクターのキムジョーンズは、アレクサンドル3世の体格レプリカを備えた大ヒットショーを開催しました。しかし、それは最も強い印象を与えたのは橋を渡るランウェイでしたクラシックなメンズウェアの定番のメドレーに控えめなスポーツウェアが混ざっていますすべてが並外れた繊細さで仕上げられています。ディオールのシグネチャーであるニップドウエストのバージャケットにシャープにカットされたダブルブレストのブレザーはトラッドチェックとガーメント染めのコットンの両方で仕立てられたトラックパンツとノックアバウトのカーゴを組み合わせました。グレー、タン、バンカーブルーの静かなパレットは、時折ヒョウ柄や花柄のジャカードで区切られていました。バルマカンからビルケンシュトックまで、ラインナップ全体が現在メンズウェアで起こっているすべてに触れており、さらに、優雅さと不敬さがハンサムなカップルを作ることを証明しています。


チノス:武器庫

ほとんどの男性用クローゼットの備品であるにもかかわらず、チノは興奮する価値はほとんどありません。おそらくその使いやすさと汎用性のために、パンツはある種の中堅オフィスドローン-スタイルのない衣服の代名詞となっています。しかし、武器庫はチノを平凡さから救い、頑丈な軍事的起源に戻しました。香港とニューヨークを拠点とするメンズウェアの御用達者は、リングジャケットの日本の仕立て屋を利用して、古い学校の軍隊に耳を傾ける、より広い脚の高層の反復を生み出しました制服だまた、ウエストバンドの一体化やサイドシームのラップなどのディテールも改善され、より洗練された外観になっています?


セーター: Massimo Alba

過去数年間のメンズウェアのカジュアル化に伴い、男性のワードローブのビットプレーヤーであるニットウェアが脚光を浴びています。したがって、デザインはレイヤーのための基本的なニュートラルを超えて、メインイベントとして自分自身を保持できるセーターを生み出しました。Massimo Albaは、2006年に彼の名を冠したブランドを立ち上げる前に、ニット業界で何年も過ごし、一貫してその専門知識を革新に使用しています。テクスチャーや染色などです」ナットとボルトは確かですが、これらの基本的な要素をいじると、微妙な区別のセーターになります。今年は、淡いセージグリーンから深いルビーレッドまで、夏にはフェザーウェイトのカシミア、豊かな質感のモヘアブレンドなど、巧みに手描きされたクルーネックが並んでいます来る冬。しかし、究極的には、素晴らしいセーターは「それを着ている人の態度」がすべてだとアルバは言います。


レザーアウターウェア:ステファノ・リッチ

M-65フィールドジャケットは、戦闘の実用的なニーズを満たすために生まれたかもしれませんが、最近ではスポーティでスマートなフォルムが特に便利なアウターウェアになっていますスタイル志向の素人のために、どこにでも行く定番の縮図。そして、ステファノ・リッチの手によって-フィレンツェのネクタイメーカーは、今年50周年を祝う包括的なライフスタイルラベルになりました-ポケットの多いモデルは洗練された豪華さ。シアリングで裏打ちされたスエードでレンダリングされ、亜鉛メッキされたパラジウムハードウェアで仕上げられたリッチの反復は、実用性と高い豪華さの勝利の組み合わせを打ちます。


スニーカー: Almini

世界に白いスニーカーはもう必要ないと思ったとき、Alminiは改善の余地があることを示しました。1921年の創業以来、ミラノの靴職人は、靴のアッパーからソールまでを内側から手縫いするリバースステッチのドレスシューズを専門としてきました。ベルギーのスリッパによく見られ、手袋のように足を抱きしめる、特に洗練された快適な靴を生み出します。今年、Alminiはその方法を最初のスニーカーに適用し、その結果、最高の快適さと見栄えの良いキックのペアが生まれました。バターのようなカーフスキンのアッパーは、目に見えるステッチのない単一のピースからカットされています。アウトソールも同じ柔らかい皮で覆われています。クラシックホワイトはオンラインで注文できますが、ブランドのミラノストアへの旅行では、576種類の手描きレザーとスエードどんなバリエーションでも、これらのスニーカーはステップアップです。


アイウェア: E. B. Meyrowitz

私たちは皆、ちょっとした魅力に飢えています。E. B. Meyrowitzは、優れたスペックのペアほど効果的に銀幕のスワッガーを提供する装身具はほとんどないことを知っています。そのことを念頭に置いて、147歳のアイウェアのスペシャリストは、大胆な輪郭、豪華なトリプルピンヒンジ、そして一般的な重力感でオールドハリウッドをチャネリングするさまざまなフレームをリリースしました。ブランドが知られているオーダーメイドのメガネのように、GalaラインのすべてのペアはEBMの英国のワークショップで手作りされており、特に細かく彫刻されたイタリアのアセテートを与えています曲がりくねった曲線。クラシックなDフレームから力強い眉毛の飛行士まで、あらゆるリーダーにふさわしい洗練された色合いのコレクションです。


デニムシャツ: Ralph Lauren

アップルパイを軽視することなく、ブルージーンズやラルフ・ローレンほどオールアメリカンなものはほとんどありません。そのため、2つが収束するたびに、星条旗のホームランがほぼ確実になります。しかし、ダンガリーよりもさらに際立っているのは、典型的なウエスタンパールスナップシャツのデザイナーの見解です。Laurenの春のPurple Labelコレクションと共にリリースされたこのアイテムは、日本で織られたコットンとリネンのブレンドで、何かのように柔らかく洗われています。それは牧場に何年も置いてきました、イタリアの仕立てを整えて、誰にでもマールボロマンの体格の錯覚を与えます。もはや週末のために予約された目新しさではなく、西洋のシャツ、特にこれは、すべての人のシャツの武器庫でトップの座に値する。


カジュアルシャツ

イヴ・サンローランのクチュールアトリエの仕立て工房で働き始め、後にトム・フォードの下で働いたシャルル・セブラインは、ファッションのよりドラマチックなステートメントに精通しています。しかし、3年前に自分のブランドを立ち上げたとき、彼はすべての繁栄を取り除き、謙虚なシャツを完成させることだけに集中することを選びました。セブラインのシグネチャーシルエット-バンドカラーのボタンアップ、特に滑らかな2プライコットンポプリン-は、正式なビブフロントナンバーに由来するかもしれませんが、あらゆる場面に合うように設計されています、隠れているかどうか
私のシャツは、会議に行くときに着るのと同じようにビーチに行きます」と彼は言い、少し荒れた後に最もよく見えると指摘します。「物があまりにも貴重であるという考えは好きではありません。」仕立てやジーンズと組み合わせると、セブラインのシャツは大騒ぎのないシックへの近道です。


ストア: Beige Habilleur

メンズウェアはこれまで以上に多様化していますが、そこにあるものを発見するための会場のほとんどは、かなり厳格な数式の1つに収まる傾向があります。2015年にオープンしたパリのベージュハビユールは、同じ屋根の下で同時に発生する声を調和させます。共同創業者のBasile Khadiry氏は、「当時のパリでは、東京、ニューヨーク、ロンドンへのフライトが必要でした。"結果は、古典的なJ.M.ウェストンのダービーとマッキントッシュのコートを、ハーポのナバホベルトとドークの日本のスニーカーに合わせて、時代を超越した統一感を実現しました。カシミヤのダブルブレストのオーバーコートからシンプルなTシャツまで、美しさと職人技のレベルはまさに同じ」。提供されている商品の多くは、エドワード・グリーンとのコラボレーションや、スペインのJusto Gimenoによる未構築のTebaジャケットなど、独占的なものです。しかし、製品だけでなく、ブローニュの森の近くにあるベージュのエレガントなブティックは、どんなスタイルの感性の男性でも、決して何かに喜んでチャンスを与えることができる珍しい店です必要だと知ってた


シューズ: John Lobb

156歳の人が現代的に見えるときは注目に値します。特に、5分の1の年齢の新進気鋭よりも新鮮なときは印象的です。これは、メンズシューズの古典を静かに微調整し、市場で最も見栄えの良い靴のいくつかを作っているジョンロブの場合です:ダービーと特に清潔で洗練された外観のためにアッパーに合わせて染色された靴底を持つチャッカ。柔軟で非常に快適なグッドイヤー溶接靴底を備えたオックスフォードとローファー。エレガントなダブルモンクとカジュアルトップサイダーは同じように洗練されています。昨年はまた、新しいビバリーヒルズの旗艦のデビューを見ました。これは、パリまたはトランクショーでのみ利用可能な、特注サービスの最初の米国専用の前哨基地を数えます。技術ノウハウの頂点をこれまで以上にアクセスしやすくします。すべてのアカウントで、この100歳以上の人はちょうどその歩みを打っています。


カテゴリー: Casa Cucinelli

パンデミックが小売業にレンチを投げたと言っても過言ではありません。世界が再開し始めても、同じ古いショップフロアを歩き回る動機はほとんどありませんでした。Brunello Cucinelliの最新のコンセプトストアは、友人の絶妙な内装のアパートのようなものです。ニューヨークの5番街の一等地にあるフロアスルーに位置するCasa Cucinelliは、デザイナーのカシミヤの世界に命を吹き込む完全にファッション化されたパイアテールです。。何よりも、ホーンハンドルのバーウェアやキッチンのウンブリア陶器から、ソファを飾るクッションや毛布、もちろんうらやましいウォークインクローゼットに並ぶ服。9階のブティックから離れた世界を感じる、親密で徹底的に豪華な空間です。立ち寄って、ブルネッロとブルスケッタのグラスを持って熟読してください-これは買い物があるべきものです:喜び。


スポーツウェア: Ron Dorff

ファッションにおける運動服の遍在にもかかわらず、見栄えの良いパフォーマンスギアを見つけることはまだ驚くほど困難です。またはそれはロン・ドーフまででした。見識のあるヨーロッパ人は、10年間スウェーデン-フランスのブランドで汗を流してきました,そして昨年、その合理化されたトレーニングウェアは、新しいの開口部と米国に上陸しましたヨークの旗艦。機能性とミニマルなシックさを兼ね備えたこのコレクションは、ビョルン・ボルグのテニスショーツやスティーブ・マックイーンのジョギングパンツなど、過去のスタイリッシュなスポーツマンからヒントを得ています。コットンピケからリサイクルポリエステルまで、手触りだけでなく競争力も重視した生地を選び、華やかなデザインを施しています。色やあからさまなブランディングは、ほとんどのアスレチックアパレルを悩ませています。あなたがジムや日曜日のブランチを打っているかどうか、ロンDorffはあなたがあなたのスタイルをもたらすことを保証しますゲーム。


生涯業績:ヴァージル・アブロー

昨年11月にヴァージル・アブローの死のニュースが流れたとき、彼が癌にかかっていることを知っている人はほとんどいなかっただけでなく、世界が彼の巨大なビジョンに追いつき始めたDJ、ストリートウェアのデザイン、Kanye Westの様々なプロジェクトのクリエイティブディレクターとしてのキャリアをスタートさせたAblohは、ブランドOff-Whiteで有名になりました。2018年にルイ・ヴィトンのメンズウェアのアーティスティックディレクターに任命され、境界を破り、ルールを書き換えることを繰り返しました。

スケートカルチャーからオートクチュールまで、彼のスタイルに対する雑食的な見方は、カテゴリー化に逆らい、ストリートウェアとラグジュアリーのギャップを埋める先導的な力となった。その意味で、彼は過去10年間の男性の服装に最大の影響を与えたかもしれません。特にヴィトンのための彼のコレクションは、派手な発言をするだけでなく、非常に切望される製品を展示するという特徴を持っていました。NikeからIkea、Mercedes-Maybachまで、あらゆる人との多作なコラボレーションのおかげで、Ablohのリーチはハイファッションの島国の世界をはるかに超えました。

ゲートクラッシュアウトサイダーとして現場に到着した後、アブローは究極のインサイダーへの道を歩んだ。(昨年、彼はLVMHの新しい役割に昇進し、コングロマリットのポートフォリオ内の75ブランドすべてで働き、業界で最も強力な黒人エグゼクティブになりました。その最も強力な幹部の一人、期間。)彼の人生と仕事の中で、アブローはファッションの大胆な新しいテンプレートを設定しました。

蒸し暑い夏、都市の中で突然の冷たい風が街路樹の葉を覆っている。風がざあざあと吹いて空の雲がかつてとは違う速い足取りで通り過ぎて、風の中に青い草の香りがして、日差しが万物に金色の光を一重にメッキした。サンローランコピー新商品で都会生活の優雅さと気さくさが感じられるアイテムで、上半身一つで全身の雰囲気を演出してくれて自信のある職場の雰囲気を演出してシンプルな白黒カラーで果敢にファッションに挑戦する。

春には百花秋には月があり、余計なことがなければ、四季折々良い時期だ。クラシックしながらもシンプルなSAINT LAURENTスーパーコピー純ブラックポロシャツを着て静かなスタイルの中で洗練された個性を表現してビジネスとカジュアルを兼ね備えたファッションアイテムでいつもあなたの雰囲気がよく似合うアイテムで不要な悩みをなくすことができます。
サンローランコピー純ブラックTシャツは重厚ながらもカジュアルな雰囲気を醸し出し、胸元ホワイトパターンのプリントが男性らしい魅力を披露し、下半身に純粋なブラックスラックスをマッチして全体的にシンプルながらも洗練されて自由で楽なアウトドアモードに瞬時に切り替えることができます。

夏が長くてシンプルで飾り気のない純白のTシャツに変わらないファッションスタイルに変化を与え、すべてのファッション悩みを軽く突破するように手伝ってくれ。ブランド服レディースコピー紳士服は100年のスター企業を育成することに力を入れて、ファーストビジネス紳士服ブランドオンラインサイトを開拓して、核心消費層の年齢を20~55歳(心理年齢)に決めた。ようこそ!

logo
RECENT
right_arr
up_arr
down_arr

自社製のブランド服は他所の工場より品質が優れていつも好評を頂いています。弊店の服、スニーカー、バック、ジュエリー等コピー商品は全部高品質保証です。