ファッショントレンド ブランド服コピー 最新モンクレール
井上 / 2019-04-01

スカンジナビア式のデザインを披露するトムウッドと インスタグラムを通じてデニムホリックの極端を示すケリーハリントンのコラボレーションデザインが 披露した。
オスロに本社を置く、スウェーデン式のデザインを着実に発表しているトムウッド 2018年F / Wに発売されるトムウッドとケリーハリントンのデニムローブデザインは インディゴデニム感とヴィンテージと和ローブデザインにインスピレーションを受けたという。
デニムホリックの終わり時を示してケリーハリントン 彼女のライフスタイルと彼女の旅と彼女のデニム愛に基づいた 共同プロジェクトと開始された。
ノルウェーのライフスタイルブランドであるトム・ウッドもインディゴデニムに似たような執着を持つことだ 両方の出会いは、コラボレーションを超え、真の価値共有と見ることができる。

日本、ケリーそしてトムウッドの出会いは デニムで作られた幻想的なローブデザインで結末を結んだ。
激安ブランド服コピー通販コラボレーションデザインは ストックホルムファッションウィーク中に展示された。
2017年10月一通のスカイプ通話で始まった彼らの出会いは2週間後にオスロでのミーティングに接続されて デニムを限定的にデザインすることなく、自由に枠を破ってみようというプロジェクトが開始された。
ケリーは、さまざまなアイデアをトムウッドに提示し そのアイデアの "デニム彫刻"と "日本の"に関するインスピレーションが採択された。
幼い頃から、日本が好きで日本の人々の服装方式に好感を持っていたケリーから 出てくることができる自然な方法であった。
日本の着物の形式、ルーズで快適なあわせのディテール、インディゴカラーに忠実な素材と 体型を選ばないオーバーサイズのパターンが主なデザインディテールである。
しかし、デニムにローブを作ったデザイナーは、トムウッドのほか、その中に多くの試みされた形式と あまり新しくはないが
これまでも、東洋文化に執着して刺繍と、プリントとカラフルなパターンに限定されていたデニムローブデザインが 多くシンプルになって多くの洗練され
西洋人たちも気軽に着られるように設計されてことがポイントである。
消防士ラッチあわせのデザインのポイントに入れたジャンパーのデザインと インディゴカラーの水をぱっと抜いライトインディゴカラーのサスペンダースカートが印象的だ。
特にサスペンダースカートの帯を他の色とは異なる素材にしてデザインしたのは 非常に日本的ながらも自然だ。
モンクレールコピーデニムデザインの限界を超えてたくて
コラボレーションデザインを通じたプロジェクトを進行したトム・ウッドとケリーハリントン しかし、インスピレーションを得るための作業から、彼らの視線は、すでにインディゴデニムとインディゴカラーを主に使用している 日本文化を追従することは当然に見える。
日本文化が少しずつ入った海外のデザイナーの作品を見ると、それは非常に新しい技術革新に受け入れるのに それほど文化としてのファッションとして、日本が持っているエネルギーが大きいからである。

ユーザーコメント(共0個コメント)

  • コメントはしばらくしていません
合計 0 個記録する,共 1 ページ。 第1ページ 前ページ 次ページ 最後
ユーザID: 匿名ユーザー
メール:
LEVEL: stars1 stars2 stars3 stars4 stars5
CONTENT:
logo
RECENT
right_arr
up_arr
down_arr
ご利用について
ご利用について
ご利用規約
プライバシーポリシー
ABOUT
会社案内
その他
個人情報取扱方針
管理責任者及び担当者の連絡先
郵便番号検索
携帯版
logo
sitemaps