いらっしゃいませ! 会員ログイン 会員加入/非会員注文の照会 EMS追跡
NEW SALE 100 ブランド情報 ブランド一覧 STREET TOP BOTTOM OUTER SHOES BAG ACC LADY'S
シュプリーム モンクレール ジバンシイ クロムハーツ シャネル サンローラン コムデギャルソン オフホワイト バルマン ニールバレット トムブラウン モスキーノ ケンゾー セリーヌ マルセロバーロン ロエベ フェンディ ドルガバ アレキサンダーマックイーン ヴァレンティノ アレキサンダーワン ステューシー ディースクエアード ゴールデングース ルイヴィトン グッチ エルメス プラダ ボッテガヴェネタ クリスチャンルブタン ロレックス ウブロ パネライ カルティエ ブルガリ ディオール アベイシング エイプ マスターマインド アディダス HERON PRESTON ヴィーローン PALACE フィリッププ カナダグース アミリ バレンシアガ パームエンジェルス バーバリー ヴェルサーチ トムフォード JIL SANDER MM6 ヴェトモン リックオウエンス フィアオブゴッド SAINT MICHAEL ワイスリー イーザス アスクユアセルフ ナイキ
ストリートプレミアム
半袖Tシャツ シャツ HOOD TEE カーディガン SET-UP ロンT スウェットTEE ニット・セーター タンクトップ
デニムパンツ スウェットパンツ チノパンツ ショート・ハーフパンツ
ジャンパー ZIP-UP ミリタリージャケット コート HOOD パーカー テーラードジャケット ダウン・中綿 Gジャン
ローファー・靴 スリッポン ブーツ スニーカー サンダル
ショルダーバッグ トートバック ハンドバッグ ECOバック リュック ボディバック
帽子 時計 ベルト メンズジュエリー 手袋 財布 メガネ・ サングラス ブレスレット ストール・マフラー その他
アクセサリー バッグ 財布 衣類 シューズ、靴 レディース時計
ブランド服コピー2019年のファッションの流行トレンド/私たちを武装させる軍服ファッション
井上 / 2019-03-29

2000年代初頭に狂ったように流行したヴィンテージミリタリールックの再生バージョンではない。
確かに変わったミリタリーどのように好き新しいミリタリー 「ニューミリタリーファッション」がストリートで吹い黙っている。
それぞれ表側 自らの安全は、個人自らが守らなければならない。
それがニューミリタリーの基本的なテーマである。
路上での個人の持ち物を紛失したり、盗難に遭わないために 旅行者は、今後のバッグをカメラはアドバイスをする。
旅先でのバックパックとクロスバックを後方枚オトダガは 間違いなく、パスポート、ホテルのキーは、お金やカードすべての重要な持ち物をトルリルがあるという警告...
そのような理由か 個人の安全を守るためには、旅行者だけでなく、地元の人たちも 今バックパックを前方にクロス白桃今後ショルダー白桃今後 毎べき時代が来た。
ブランド服コピー通販服を着るミリタリールックではない。
今、日常の個人がすべてミリタリーたマインドが必要だと強調しているよう 環境と公害そして多国籍隣人と共生しなければならグローバルな社会で 誰も信じられない場合 自分だけを信じなければならない。
かなり異なっている。

ミリタリーのレトロバージョンが絶対ではないと急いで、すでに文を書いた。
2000年代の軍服ファッションをそのまま踏襲するように 数多くのカーゴとカーキ色とカエルのパターンで 赤裸々に 「私ミリタリーよ^^」とファッションに言っそんな時代ではない。
今でははるかにインテリジェントで、個人でスマートなニューミリタリーファッションが流行している。
カラーもカーキの濃いオリーブグリーンから抜け出し よりマイルドなって洗練された。
パンツに世界中かかっていたカーゴも落ち ワッペンでミリタリーであることを強調していたことが、多くのバッジも消え 個人を保護する機器がはるかに多様なっ 公害と他そして無差別的な理由のない攻撃で本人を保護しようとする 性向が強く現れている。
誰も無差別暴行と無差別暴言そして非良心的な行動で 私すぐに保護していない。
私自身だけが私を保護することができる。
戦争は戦場でのみ起こらない。
今、個人の日常でも戦争のようなものが発生する。
私達はすべてそのような危険にさらされている。
自分自身を保護しなければならない。
微細汚染物質からの私の呼吸器を保護する必要があり、 虎視眈々私スキを狙う他人から私の持ち物を保護しなければならない。
社会生活の暴言で私を保護しなければなり 社会生活から来る他人との関係でも私を保護しなければならない。
日常は、すぐに戦争であり、 日常から解放されるまで、戦争のための私の保護装置は、私のそばを守ってなければならない。
ルイ・ヴィトンの2019年春夏コレクションは、 それこそ保護装置のランウェイであった。

モデルは硬直した表情で これからクロスバックをメたし 汚染から身を守るために厚い手袋をはめて 胸にはプロテクターを巻いた。
ストリートファッションも変わらない。
相手から自分を守るために両手は自由でなければし すべての持ち物が安全かどうか探るために、バックは今後枚だった。
日常のファッションがミリタリールックに仕上げされたファッショナブルな 保護装置なしストリートも思いのまま闊歩していないような...
両手が自由になったのは良いことや ここまでの保護装置を見回しべきかは..
しかし、ますます私を保護しなければならすることは、常に起こる。
物理的であれ精神的であれ...
2000年代の初めミリタリーファッションのブームを創始したまさにそのブランド ディースクエアードも2019年春夏コレクションにミリタリールックを披露した。
過去の栄光を再現したかったのか そのファッションは、2000年代に戻っても全く新しく泣くない ヴィンテージ、レトロミリタリールックにとどまっている。
相変わらずオリーブカーキと 数多くのカーゴ ルーズなフィットとミリタリー像の他のバージョンのように...
まだシャツの中に、またシャツを着 ジャケットの中にフードを着て パンツはぶかぶかカーゴパンツを着る。
女性モデルも文字列でプリーツをつけ像を負ったが まだニッケルジッパーを使用して まだセクシー美を強調している。
ただ、2000年代そんなミリタリールックである。

    ドルチェ&ガッバーナは、パンツのデザインにミリタリールックを応用した。
いやアプリケーションではなく、ただミリタリーパンツのデザインをそのまま使用したと見られる。
上のデザインが90年代のストリートヒプハンスタイルなら 下のデザインは、2000年代の初めミリタリーある。
上のデザインだけ除けばちょうど15年前に戻っても不自然ではない。
今の若い霊ヒプポが熱狂するミリタリーは 過去のミリタリーではない。
彼らはスポーツアウトドアと融合した スーパーコピールイヴィトン活動的なミリタリー、スポーツルックを失わない未来的なイメージ そしてスマートになった機器との一致革新的なデザインを望んでいる。
同じミリタリーもよりスマートすること よりストリートに近いもの そしてより反抗的であること 今の若い世代にとってこれまで以上に個人を保護する必要が多くの機器が必要である。
これからもっと生きていく日々が多く、彼らがすでに枯渇れるべきでない。
それぞれ表側 今吹いているニューミリタリールックのファッションの流行は 単に軍隊ファッションが戻ってきたのではなく 個人の保護および自己表側という血の社会で生き残るために 登場するかもしれない。
プラスチックを乱発して、化学物質を乱発する環境公害で 無差別的な他人の理由のない物理的な感情暴行で
どこから来た誰なのか知ることができない多国籍な異邦人たちの間で しかし、個人も、異邦人と他人の名前で生きている私自身のために。

logo
RECENT
right_arr
up_arr
down_arr

自社製のブランド服は他所の工場より品質が優れていつも好評を頂いています。弊店の服、スニーカー、バック、ジュエリー等コピー商品は全部高品質保証です。