いらっしゃいませ! 会員ログイン 会員登録/非会員注文の照会 閲覧履歴 佐川急便
NEW ブランド情報 ブランド一覧 TOP BOTTOM OUTER SHOES BAG ACC LADY'S
シュプリーム モンクレール ジバンシイ クロムハーツ シャネル サンローラン コムデギャルソン オフホワイト バルマン ヴァレンティノ ニールバレット トムブラウン モスキーノ ケンゾー セリーヌ アミ ロエベ フェンディ ドルガバ アレキサンダーマックイーン アレキサンダーワン ステューシー ディースクエアード ゴールデングース ルイヴィトン グッチ エルメス プラダ ボッテガヴェネタ クリスチャンルブタン ロレックス ウブロ パネライ カルティエ ブルガリ ディオール アベイシング エイプ マスターマインド アディダス ヘーロン プレストン ヴィーローン パレス フィリッププ カナダグース アミリ バレンシアガ パームエンジェルス バーバリー ヴェルサーチ トムフォード ジルサンダー マルタンマルジェラ ヴェトモン リックオウエンス フィアオブゴッド セント マイケル ワイスリー イーザス アスクユアセルフ ナイキ
半袖Tシャツ シャツ HOOD TEE カーディガン SET-UP ロンT スウェットTEE ニット・セーター タンクトップ
デニムパンツ スウェットパンツ チノパンツ ショート・ハーフパンツ
ジャンパー ZIP-UP ミリタリージャケット コート HOOD パーカー テーラードジャケット ダウン・中綿 Gジャン
ローファー・靴 スリッポン ブーツ スニーカー サンダル
ショルダーバッグ トートバック ハンドバッグ ECOバック リュック ボディバック
帽子 時計 ベルト ジュエリー 手袋 財布 メガネ・ サングラス ブレスレット ストール・マフラー その他
アクセサリー バッグ 財布 衣類 シューズ、靴 レディース時計
パリがなぜ世界のファッションの首都と呼ばれるのか?
井上 / 2019-12-07

パリ!エッフェル塔を見たいか、ファッションの中心地を散歩したいか、ホート・クチュールとホート・ドッグの違いを知っているふりをしたいか、どれにしても、我々はみんなそれについて夢見ていることを受け入れましょう。ロマンチックなモンマルトルから、エッジの効いたル・マレへのエネルギーまで、パリはどこからでもファッションを滲ませています。それはファッションの卓越性の典型であり、その完璧な味わい、比類のない創造性、そして永遠のエレガンスで有名であり、なぜ世界のファッションの首都と呼ばれるのか不思議ではありません。そして、パリファッションウィークを忘れないでください - ファッションイベントの聖杯です。毎年2回、デザイナーやセレブリティ、そして世界中のファッショニスタが、次のスタイルの大ブームを垣間見るためにこの街に集まります。それはファッションのスーパーボウルのようなものですが、より多くのキラキラがあり、タッチダウンが少ないです。

「世界のファッション首都」という称号を得るために、パリには歴史が大きな役割を果たしています。17世紀、ルイ王の統治下で、彼の贅沢な趣味と壮大さで知られ、フランスだけでなくファッション界も支配しました。若い頃から、ルイ14世は服装の力を地位や権力の象徴として理解していました。彼は自分のワードローブを慎重に選び、豪華な生地、入り組んだ刺繍、そして豪華なアクセサリーを好んで使いました。王のファッションの選択は彼の個人的な好みだけでなく、彼の権威と壮大さを主張する手段としても機能しました。

ルイ14世の庇護の下、王室裁判所は創造性の灯台となり、遠くから職人や職人を引き寄せて彼らの才能を披露しました。彼の統治中に施行された服飾法は、服装を規制するだけでなく、ヨーロッパ全体でスタイルと洗練の裁定者としてのパリを高めました。

ルイ14世のファッションへの最も持続的な貢献の1つは、標準的なファッションシーズンの設立でした - 春/夏と秋/冬。太陽王は、消費者の需要を刺激し、経済を活性化させるために、季節のトレンドの重要性を理解していました。ルイ14世は、毎シーズン新しいファッションラインと生地の創造を命じることで、テキスタイル産業の経済を促進し、パリの地位をグローバルなファッションハブとして確立しました。今では、私たちは年に2回、うっとりするランウェイショーのために誰に感謝すればいいか知っています。

ヴェルサイユ宮殿は、ルイ14世のファッションの遺産において中心的な役割を果たしました。パリの郊外に建てられたヴェルサイユは、ルイ14世の統治中にフランス王国の本拠地となり、宮廷生活の中心となりました。ここでは、王が厳格なエチケットとプロトコルの階層を確立し、宮廷で着用できるものを指示する厳格な服装規定を定めました。

ルイ14世はヴェルサイユを贅沢と豪華の見本市に変え、ヨーロッパ中から貴族を引き寄せる華麗な舞踏会やレセプション、儀式を開催しました。宮殿はファッションのイノベーションの温床となり、デザイナーたちは王室の庇護を求め、彼らの創造物をヴェルサイユの名高い宮廷で披露する機会を得ました。

パリのファッションの正式化は、19世紀にシャンブル・ド・コマース・ド・ラ・クチュールの設立によって実現しました。この組織は後にフェデラシオン・ド・ラ・オート・クチ

ュール・エ・ド・ラ・モードに進化し、フランスのファッションを国際的に促進し、その卓越性の遺産を保存する役割を果たしました。また、この時期に、シャルル・フレデリック・ワースのようなパリのデザイナーが、オート・クチュールとして知られるカスタムメイドの高級ファッショナブルな衣類の製作技術を先駆けました。このクチュールの伝統は今日もパリで続いています。

しかし、パリのファッションは単なるオート・クチュールだけではありません。それは多様性を受け入れ、個性を祝福することでもあります。新進気鋭のデザイナーの前衛的なデザインから、普通のパリジャンのストリートスタイルまで、この街のファッションシーンは様々なスタイルと影響の生き生きとしたタペストリーです。パリファッションウィークは、ランウェイショー、プレゼンテーション、イベントのエキレクティックなミックスを持ち、これらの多様性を反映し、パリのファッションを定義する創造性と革新の全スペクトルを示しています。さらに、パリのファッションへの影響は、教育とイノベーションの中心地としての役割によってさらに高められています。この街は、パーソンズ・パリやスタジオ・ベルコなど、世界で最も名高いファッションスクールのいくつかを抱えており、世界中から才能あるデザイナーが集まって、業界のベストから学び、自分の技術を磨きます。この教育と創造性への重点は、パリが新しい才能と新しいアイデアの温床であり続け、その地位を世界的なファッションのパワーハウスとしていることを保証します。

さらに、パリの文化遺産と建築の素晴らしさは、デザイナーやクリエイターにとって終わりのないインスピレーションの源です。パリのランドマークやモニュメントの装飾美から、ポン・デ・ザールのロマンチックな魅力まで、パリは歴史の中で最も記憶に残るファッションの瞬間の背景となります。それは、すべての通りが物語を語り、すべての建物が新しいコレクションをインスピレーションにしている街です。

パリをファッションの首都として際立たせるのは、根底にあるルーツに忠実でありながら、進化し革新する能力です。伝統に根ざしているが、パリのファッションは決して停滞していません。デザイナーたちは常に創造性の限界を押し、クラシックなスタイルに現代的なアレンジを加え、新しい技術や素材を取り入れます。持続可能なファッションの取り組みから画期的なコラボレーションまで、パリは革新の最前線に立ち、業界を未来に進化させます。

流行が訪れては去る世界で、パリはスタイル、創造性、エレガンスの永遠の堡塁として立ちます。その豊かな歴史と文化遺産から、そのグローバルな影響力と経済力まで、パリはファッション愛好家の心と心を魅了し続けるものの本質を体現しています。ファッションの常に変化する景観を航海する中で、ひとつだけ確かなことがあります - パリはいつまでも、すべてのスタイリッシュなものの確固たる中心地として君臨し続けるでしょう。

自社製のブランドコピーは他所の工場より品質が優れていつも好評を頂いています。弊店のファッション、スニーカー、バック、ジュエリー等コピー商品は全部高品質保証です。